「健康茶」すごい!薬効 ~もうクスリもいらない 医者もいらない~ レビュー

TAKAです。

薬草 効能 一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

著者は船瀬俊介さんで民間茶薬効辞典の完全復刻改訂版
です。

ドリンク剤の効能は真っ赤なウソ「水よる劣る」

日本大学の田村豊幸教授の動物実験でドリンク剤をラット
に飲ませて水槽を泳がせるスタミナ実験を実施。

5匹の実験によると、

水道水を飲ませたラットは約19分泳いだのに
リポビタンDを飲んだ組は約14分で溺れてしまった。

リポビタンD以外の他の4種も「水以下」の効能しかでなかった。

「24時間戦えますか」などマインドコントロールする
ドリンク剤のCMに踊らされ続けている。

新鮮な草や葉!野生動物がもっともグルメ

彼らは直接、大地に生えている草を食べている。

人間は、八百屋から買ってきて調理した食べる。

その鮮度、ビタミンなど栄養素は雲泥の差となる。

朝どり野菜がうまいのは鮮度がそれだけ保持されているから。

ところが野生動物は生えているまま食う!風味、栄養
これほどの理想はない。

犬、猫ですら病気のときには野草をかじる

野生動物は病気や怪我をした時、それを治す薬草をとりわけ
選んで食べる。

飼っている犬や猫ですら病気の時には原っぱなどに出て野草
をかじる。

彼らは本能的に病を癒やす薬草を感知しているから。

世界中のあらゆる民族、部族にある「茶の文化」

その土地の野生植物を煎じて飲用する。

必須微量栄養素を「茶」のかたちに変えて摂取することで
栄養滋養の偏りを防いできた。

酒に浸したり、粉末を引用したりして不足したり偏りがちな
滋養バランスを保ってきた。

プライマリーケア(病気予防)としての健康茶

病気になってジタバタしても手遅れ。病気にならないように日頃
から心掛けが必要。

上医は未病を治す

民間茶は自然の叡智

山野にそれこそ馬にくわせるほど自生している野草で糖尿病や
心臓病など各種成人病、さらにガンまで治ったりするなら製薬会社
はつぶれる。

”利権”の上がりで生きている厚生官僚もそうだし、
医薬品のCMで食えるマスコミも同様。

彼らが民間茶を敵視するのは当然。

がん、糖尿病、アトピーほとんどなんにでも効くは本当だ!

大自然に生きる野生動物たちにこれらの文明病は見当たらないこと
を思い出してほしい。

彼らは、必要なものを必要なだけ過不足なく摂取している。

民間茶のほのかな渋味、苦味が体調を改善

ほのかな渋味、苦味がゆっくりとおだやかに欠落していた各種微量成分
が体内のアンバランスを改善していく。

シンプルだけどこれが「民間茶で病気が治る」仕組み。

つまりは、薬効というより「足りないものを補っただけ」

「捕薬」

「捕薬」だから過剰にならないかぎり副作用など生じない。

厚生省は利権にならないものは認めない

「そんなに効くなら、なぜ医薬品として認可されないのか?」

イチョウ葉エキス製剤で認知症などの治療にめざましい治療成果
をあげている国立小倉病院の水野修一医師は言う。

「日本ではイチョウ製剤は医薬品じゃない。健康食品扱い。なぜか。
厚生省は利権対象にならないものは認めない、弱小メーカーでは天下り
や研究費などの利権がない。申請しても100%通りません」

イチョウはヨーロッパ医学界では認められている。

ドイツでは脳代謝改善剤としてもっとも信頼おける薬として評価。

フランスも同じ。

最高の信頼と同時にもっとも売れている医薬品ベストセラー。

近代文明が作った作物にはパワーがない

がんと無縁なことで知られる一番有名なのはフンザの人々。

彼らは、ヒマラヤ山中の斜面に住み自然堆肥で作った自作で育てた
ものだけで生きている。外部からの食べ物はタブーとしている。

近代文明が人間にもたらしている病気は土壌の悪化から始まっている。

化学肥料は土壌の中のミネラル成分を追い出し、土壌中の虫類が
いなくなってしまうと共に微生物叢を変化させた。

農場には有害な物質(殺虫剤)がまかれて土壌をますます有害な
土壌にしてそれが農作物や果実に吸収される。

食事で病気を治したゲルソンは抹殺された!?

ゲルソンは医療機関が見捨てたような末期がん患者でも2人に1人
はその食事療法で救った。

1946年、アメリカ上院の特別委員会は、その治癒実績に驚嘆、
博士の研究に補助金の支給を決定。

ところがアメリカのがん学会は、その業績を絶賛するかと思いきや
医師免許剥奪の脅しをかけた。

がん学会と医師会、前後からナイフをつきつけられた状態で博士
は研究を続行。

集大成の書を刊行した翌年。没

不可解な死に博士の遺族はこう断言。

「ロックフェラー財団が送り込んだ女性秘書がコーヒーにヒ素を加えたのです」

ロックフェラーは世界の医療利権を握ってきた国際医療マフィアのドン。

食事でガンを治すゲルソン博士は邪魔だった。

カップめんの環境ホルモンは多摩川の688倍

環境ホルモンなど化学物質に汚染された人間や動物は、神経、行動めんで
異常な反応を示すようになる。

環境ホルモンの一種、フタル酸エステルはプラスチックなどに大量に
使われている。多摩川の自ら検出された濃度は1.6ppb、

ところがカップ麺のスープからは、1100ppbものフタル塩酸が検出された。
その濃度は多摩川の688倍!

環境ホルモンの一種、ビスフェノールAは多摩川から1.7ppb検出。

ところがスチール缶から330ppbものビスフェノールAが検出された。
濃度は多摩川の194倍!

自販機で売られている缶飲料は内側が錆びるのを防止するために
プラスチック皮膜でコーティングしている。

そこから環境ホルモンが溶出していた。

ダサい祖先の人々のほうが全然元気!

田舎の自然の中で暮らす年配者のおじいさん、おばあさんの姿。

若い人のように流行に振り回されることなく先祖から伝わる生活の
知恵を守り黙々と生きている姿。

この本で紹介されている数々の民間茶も守り続けてきたのはこのような
人たち。まさに口伝、伝承の知恵。

そのお年寄りを若い人はダサい、遅れていると笑ってきたがその体力
の差は歴然。いまの若い人はお年寄りの頑健な体躯、体力の足元にも
及ばないのではないか。

本物が日の目悲しい国日本

医学界を支配するのは医療利権、医薬利権。

民間茶を治療に導入するのは巨大権力にさからうことになる。

効果のある民間茶への当局の弾圧はすさまじい。

「こういう病気が治った」

といえば「薬事法違反だ!」と警察を使って恫喝。

ある薬局は、

民間茶について「このようなすばらしい医学的臨床例があります」
として販売したいが警察から取り締まられるのでそれもできないと残念そう。

臨床例を記録した印刷物も置けないと嘆く。

日本という国は医療マフィアが隅々まで支配しているのです。

四季を歩き、山野、野草に親しむ

民間茶には市街地や都市近郊の身近な自然下でいくらでも目にすることが
できる植物がたくさん含まれている。

薬草、薬木を探して野山を歩いたり、庭先で薬草やハーブを育てたりして
身体を動かすことじたいが、なににも増して健康的だし、

そのうえで自分で作った健康茶を飲めばまさに一石二鳥。

元気になる注目の健康茶29

① 明日葉茶

★ がん、老化防止、動脈硬化、貧血、認知症、高血圧、低血圧、脳卒中、
糖尿病、動脈硬化、胃潰瘍、肝炎、肝硬変、リウマチ、心臓病、じ、
更年期障害、頭痛、肩こり、不眠症、水虫、皮膚病、衰弱 などなど

◎ ビタミンEの数百倍の抗酸化力「ゲルマニウム」が老化、がんを防ぐ
(後藤はやし医学博士)
◎ ゲルマニウム経口投与でがんを抑制するインターフェロン産生物を確認
(東北大学)
◎ ビタミンB12、ビタミンC同時投与でがん細胞は増殖停止(明日葉には豊富にある)
(米国ポイドック教授)
◎ 成分カルコン類に制がん作用、胃、十二指腸潰瘍の治療効果、エイズ・
ウイルス増殖を強く阻害する効能を確認
(大阪薬科大学馬場きみ江教授)

パワーあふれる野草

伊豆七島が故郷。強い陽射しと潮風が育んだのか、鮮烈な野生の香りを放つ。

つまれても、踏まれても翌日には新しい芽をだすことからその名たついた。

島では無尽蔵に生えており、島人にとっては身近な雑草。

野草の明日葉は、化学肥料や農薬など人の手がかかることを極端に嫌う。
だから、明日葉畑といってもただ一面に野草のごとく勝手に生えているだけ。

火山灰地でも雑草に混じって青々とした葉を天に伸ばす。

それだけ強靭な野生の生命力に満ちている。

「野生であるから、自然であるから、信じられないようなパワーを発揮」

明日葉パワーは朝鮮人参を超え、副作用なし

「明日葉にはものすごい効果がある」とは後藤博士。
それは「朝鮮人参を超えている」。

朝鮮人参はすばらしい薬効があるがきわめて高価。1本数百万円。

これに対し明日葉は安価なうえ食べやすく飲みやすい。

がんを防ぐゲルマニウムが豊富

老化を防止する抗酸化力はビタミンEの数百倍

植物性有機ゲルマニウムの抗酸化力(脂質酸化を防ぐ力)は
ビタミンEの数百倍であることが確認されている。

また、血液中に大量に酸素を供給して細胞の新陳代謝を可能にする。

抗がん力は、ビタミンCの約2000倍。

白血球もがん細胞を攻撃するが、そのためにはスーパーオキサイド
という物質が必要になる。

この物質は白血球に作用して活性化を協力にうながし、ただちに
がん細胞の攻撃態勢をととのえることができるスグレモノ。

これを作り出すのがほかならぬ植物性有機ゲルマニウム!

スーパーオキサイドはビタミンC投与でも体内で作り出される。

ところが

「植物性有機ゲルマニウムはビタミンCの2000倍ものパワー
をもっている」

ビタミンB12とC投与でガン増殖停止。

カルシウムとゲルマニウムが動脈硬化を防ぐ

カルシウム不足で体液が酸性にかたむくと脳から骨に司令がでて
骨が徐々に溶けて吸収されカルシウム濃度が調整される。

この時カルシウムがどんどん細胞中にまで侵入沈着して石灰化していく。

石のようになり血管細胞もこうして硬化していく。

ただ、カルシウムは非常に吸収されにくい。牛乳のんでも7割ほどは
排泄されてしまう。

明日葉に含まれる植物性有機ゲルマニウムは電気的にカルシウムを
吸収しやすい形に変えてしまう。

カルシウムを吸収しやすい形にするということは血管壁に付着石灰化
したカルシウムもどんどん溶かされていくということ。

ずば抜けて多いビタミンB12が貧血を防止

ビタミン、ミネラルが豊富だがビタミンB12がずば抜けて多く含まれている。

これに造血作用がある。貧血には鉄分の摂取を推奨されるが
あわせてビタミンC、葉酸、銅、ビタミンB12を摂取することで
鉄分は吸収される。

明日葉はこれらをバランスよく含むから貧血対策にはベスト。

認知症が心配な人は明日葉を試す

ビタミンB12が不足すると情緒不安になる。集中力も減退し記憶力も低下。

うつ病的な傾向が現れ異常な興奮状態に陥ったりもする。

② スギナ茶

★ がん、糖尿病、肝臓病、胆石、関節炎、皮膚炎、熱冷まし、アトピー
かゆみ止め、高血圧、しもやけ、あかぎれ、歯周病、アレルギー鼻炎、
便秘 などなど

◎ ガン、糖尿病、胆石、肝臓病に効能
(ドイツ医学文献、邦訳「神の薬局より贈られた健康」)
◎ 内外諸部の潰瘍(ガン等)糖尿病に用いる
(新訂増補和蘭薬鏡 1830年)
◎ 大量スギナ茶飲用で食道がんの完全治癒を確認
(星薬科大学伊沢一男名誉教授)
◎ 利尿作用が強く肝臓病、高血圧を改善する
(徳島大学薬学部村上光太郎助手)
◎ ケイ酸、ベーターシトステロールなどが作用し胆石を溶かす
(星薬科大学伊沢一男名誉教授)
◎ 腰痛など関節炎の改善に効果がある
(前出、ドイツ医学文献)
◎ タンニン薬効できわめて強いかゆみ止め効果。成分に消炎作用も
(徳島大学薬学部村上光太郎助手)

あらゆる病気、ガンに効果がある

長期間服用することで悪性の腫瘍の成長を阻止してついに崩してしまう。

ポリープや骨液のう炎も同様に消失する。

自然医学界編「野草ハンドブック」(日本)にも

「スギナは、利尿薬、腎清浄剤として使われ化膿性潰瘍、皮膚湿疹、傷口
などの洗浄剤として使われ、腎臓病、淋病にも効きめがある」

スギナのなにが効くのか

野菜などから摂取不可能な微量ミネラルやサポニン(せっけんのような泡成分)
の一種エキセトニン、さらにケイ酸、ベーターシトステロール。

胆石を溶かしてしまうスグレモノ

胆石は胆のうの中にカルシウムやコレステロールなどで固まった石ができ
炎症をおこす病気。

その痛みは大の大人が脂汗流すほど激痛。

根本的に治すには、手術で石をとりだすか薬で石を溶かすしかない。

ところがスギナ茶の常飲で発作がおこらなくなり、石が消えた症例も多い。
わずか一晩で痛みが消失した劇的な例もあるほど。(伊沢名誉教授)

スギナに多量に含まれるケイ酸やベーターシトステロール、サポニンの一種
エキセトニンなどの物質が総合的に作用し胆石を溶かすからとみられている。

飲み方、胆石やガン対策は多めに服用して症状がとれたら減らす

大量にとりすぎると胃腸を痛めることがあるから。

>症状をとりたい時

乾燥スギナ(10〜20g)水600cc

>再発予防や健康維持

乾燥スギナ(5〜10g)水600cc

沸騰させ2〜3分煮て火をとめる。

毎日3回にわけて飲む。

熱湯で長時間煎じると有効成分のケイ酸が消失するので注意。

つくり方

春から初夏にかけて野にでればそれこそ馬にくわせるほど
とれる。

農薬、除草剤のかかったものは不可。化学肥料栽培も駄目。
これはすべての薬草にいえる。

とったスギナはよく洗い4〜6日天日干しして緑白色にする。
ハサミで1センチほどに切り、密閉容器に保管
(ビニール袋なら乾燥剤を忘れない)

スギナ粉末

スギナは粉末いして飲用しても有効。スギナ茶をフライパンで軽く
いってからミキサーにかけて粉末にする。

いずれも1日あたり5〜10gを目安にする。

③ 松葉茶

★ 強壮、脳梗塞、認知症、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、歯痛、
歯茎腫、髪の悩み、胃弱、長寿 目や耳をよくする、中風、認知症、
不眠、高血圧症、動脈硬化、脳卒中の予防、咳や喘息、声がれ、
神経痛、胃潰瘍、歯槽膿漏、脳卒中、リウマチ、のどの痛み、
口内炎 、便秘、痛風、肩こり、冷え性、飛蚊症、ハゲ、白髪、イライラ などなど

脳卒中後のマヒ、言語障害も完治。脳梗塞後遺症を乗り越えた。
心筋梗塞による心臓の痛みが消えた。

◎ 毛髪を生じ、五臓を安んじ、中(胃)を守り、天年を延べる(長寿)
◎ 強壮になり、歯を固め耳目をよくす
(中国漢方書「本草綱目」)
◎ 脳卒中後遺症を治す
(医療古典「千金方」)
◎ 成分のテルペン精油、ピネンなどがコレステロールを除き血をサラサラにし
認知症、脳卒中、動脈硬化などを防ぐ
◎ ビタミンK、鉄分、酵素などによって老化を防ぎ、出血を防ぐ
(日本漢方協会会長山ノ内慎一医学博士)

松葉を食べ山岳踏破した山伏、常食した仙人

山伏は松葉を食べて峻険な山岳を踏破し、中国でも仙人は松葉を常食
していたと伝えられる。

実際に松葉は東洋では古くから民間薬として用いられてきた。

「毛髪を生じ、五臓を安んじ、中(胃)を守り、天年を延べる(長寿)」

クロロフィルが血液を浄化し血管を若返らせる

松葉の葉緑素クロロフィルには造血作用がある。血液を浄化して若返らせる。

傷を治す肉芽組織(皮膚の傷を治すために盛り上がってくる粒状の肉)
の新生をうながすので傷が治りやすくなる。

テルペン精油が血液サラサラで脳卒中、認知症予防

松ヤニの主成分はテルペン類という精油。ピネン、ジペンテン、リモネン
などの成分が確認されている。

血中コレステロールを取り除く働きがあるので血液の粘り気を
少なくしてサラサラにし、動脈硬化、脳卒中、認知症などを防ぐ。

またテルペン油には鎮静、鎮痛作用もある。

ビタミンAやC,諸々の有効成分がスタミナ源

松葉に豊富に含まれるビタミンAが目や皮膚に効く。

山伏が松葉をかんだのはのどの渇きを癒やす目的もあった。

中国の医学古書に「生津止渇」(唾液がわいてのどの渇きをいやす)
と明記されている。

さらにビタミンCなどの諸々の有効成分がスタミナ源となり山伏
の疲れを防いでいた。

ビタミンKなどで老化防止にもすばらしい効能

松葉には老化を防ぎ出血を防ぐビタミンK、鉄分、酵素などが含まれる。

ビタミンKは血液の凝固や骨へのカルシウム沈着に必要なビタミン。

つくり方、飲み方

適した松の種類は、赤松、黒松、五葉松、大王松、這松、琉球松の6種類。

できれば赤松。松葉は公害に弱く松枯れをおこしている松は不可。

有毒排気ガスで汚染されている道路沿いの松も避ける。
生育している土地により含有成分にも大きな差がある。

青々として勢いとツヤのある松葉がいい。

松葉ジュース

① 新鮮な松葉一握り(10g)を根本のさやをとって水洗い

② ミキサーなどで粉末にする

③ はちみつで適度に甘みをつけて飲む

市販の松葉粉末は1キロ5万円と高価だが、新鮮で青々とツヤの
いい松葉をそのたびに使えばいい。

松葉茶

①松葉を天日干しでカラカラに乾燥させる。

②フライパンで空炒りする。

③ミキサーで粉末にする。

④湯呑に茶さじ1杯分(約3g)を入れ、熱湯を注ぎぬるく冷まして飲む。

④ ドクダミ茶

★ 高血圧、アトピー、蓄膿症、便秘、胃炎、十二指腸潰瘍、神経痛、
皮膚病、おでき、アレルギー性鼻炎、ぜんそく、糖尿病、水虫、いんきん、
たむし、などなど、シミ、小じわ、肩こり、腰痛、などなど 257件。

◎ イソクエルシトリンなどが血圧を下げる
◎ ドクダミ風呂との併用で血液循環がよくなりアトピーが改善される
◎ 成分デカノイル・アセトアルデヒドの殺菌作用で蓄膿症が改善
◎ 緩下、利尿作用で便秘がめざましく改善
◎ 青汁の葉緑素(クロロフィル)とデカノイル・アセトアルデヒド胃の炎症を修復
◎ 葉緑素が十二指腸潰瘍の粘膜のただれや炎症を修復。フラボン成分も細胞組織を保護する作用がある
◎ 血液循環をよくして瘀血をとり神経痛を改善
(以上、星薬科大学伊沢一男名誉教授)

便秘、利尿の毒下しの妙薬

便通をよくし、利尿作用をうながしすみやかに老廃物を体外に排泄。

葉や茎にクエルチトリンという成分を含み10万倍の水溶液にうすめても
強い利尿作用があることが実験でわかっている。

便秘は万病の元。4割は便秘といわれる日本人女性の強い味方。

飲み方

一日分一つかみ約5gを水600CCに入れ中火で約5分、3分の2量(400CC)
ほどに煎じる。一日2〜3回にわけて飲む。

30分以上煮出すとよくない成分まで抽出されるので注意。

鉄瓶や銅鍋はタンニンで化学変化を起こすので使わない。

⑤ ヨモギ茶

★ ガン、肥満、婦人病、関節痛、アトピー、動脈硬化
(脳卒中、狭心症、心筋梗塞)、老人防止、
健胃整腸、神経痛、血圧降下、腰痛、腹痛、痔、冷え性、
殺菌作用、皮膚疾患、火傷、悪臭、自律神経失調症、不眠、イライラ、
ダイエット(脂肪代謝)、生理不順、不正出血、貧血、瘀血、
筋肉痛、神経痛、関節痛 、坐骨神経痛、しみ、にきび、白髪、ふけ症、
イボ、おむつかぶれ、止血、抗菌、鎮痛、消毒、消炎、ノイローゼ、
ぜんそく 胃弱 などなど

◎ 血中インターフェロンを増やし、マウス飲用実験でがん細胞が縮小
(東京大学伝染病研究所小島保彦博士)
◎ 瘀血をなくし脂肪代謝を正常にして自然にやせる
(近畿大学東洋医学研究所今西義則講師)
◎ 煎じ汁を塗ると筋肉痛、アトピー性皮膚炎などが改善
(三村外科医院三村和男院長)
◎ コレステロール、中性脂肪を減らし動脈硬化を防ぐ
(琉球大学尚子教授)
◎ 過酸化脂質生成を強力におさえて老化を防止
(愛媛大学医学部奥田拓道教授)
◎ 止血、抗菌、消炎、鎮痛作用でアレルギー、高血圧、頭痛、
ノイローゼ、ぜんそく、胃弱などに効果
(名古屋工業大学尾藤忠旦名誉教授)

つくり方、使い方

5〜6月の葉の勢いのある5〜6月の若葉を摘み取り、水洗いして水切り。
細かく刻んでざるに入れ風通しのいい場所で1周間ほど日干し。

(有効成分は花部分に多いので花と葉をあわせる)

パリパリに乾いたものを乾燥剤などと共に密閉容器で保管。

5〜10gを約600CCの水に入れ1〜2分沸騰させ茶こしでこして飲む。

⑥ クマザサ茶

★ 糖尿病、ガン、高血圧、口内炎、便秘、痛風、胃腸病、
アレルギー、腎臓病、肥満、排尿障害、貧血、血清肝炎、
白血病、抗炎症、粘膜の修復、保護、殺菌、防腐 などなど

◎ 糖尿病の乾きや空腹をしずめる
(千葉中医薬研究会山田高広理事)
◎ 成分のササ多糖類(バンフォリン)に抗がん作用を確認
(日本漢方協会会長山ノ内慎一医学博士)
◎ クマザサ多糖類にはがん細胞の増殖を止める作用
(大和生物研究所大泉和也所長)
◎ マウス実験で30〜40%ものガン抑制率を証明
(杏林大学医学部山本邦夫氏ら)
◎ 血管を強くする成分で高血圧は自然に下がる
(西華クリニック新井基夫院長)
◎ ビタミンKの止血、抗炎症作用で口臭や口内炎が治る
(山ノ内慎一医学博士)
◎ 腸の炎症を抑えて便秘を解消
(和漢薬研究所橋本竹次郎顧問)

冬眠中の瘀血を浄化するためにパンダは腹いっぱい食べる

中国漢方では、クマザサを「若さを保つ竹」としている。

天眼、天耳、宿命、他心、神足の五通力が与えられると。

すごい生命力と防腐、殺菌作用は驚異的

寿司桶にササを敷いたり、ササで押しずしをつくったりする
のも殺菌作用を食文化に活かしている。

昔から鮮魚の下に敷いたり、笹団子、ちまきなどの保存食にも
ササが使われてきた。

これはササの防腐、殺菌作用を利用したもの。

奇跡的な回復例

■ 手遅れと言われ手術できなかった50代の婦人の胃がん患者が回復。

■ 骨髄ガンで1周間の命と診察されたが2年後も元気。骨髄ガンが心臓
に転移していて末期症状だった。かなりの激痛で鎮痛剤も効かない。
余命1周間と言われたが2年かけて骨髄ガンが弱まっていった。

■ 手術不能。余命3ヶ月のすい臓ガンの消滅。胃がんがすい臓など
内蔵のあちこちに転移していた。すい臓ガンもあちこちに転移していた
ガンも見つからず目を丸くしていた。

⑦ シソ茶

★ アトピー、皮膚炎、ぜんそく、健胃、解毒、発汗、解熱、鎮咳、
鎮静、食中毒、などなど

◎ アレルギーを抑制する何種類かの抗ヒスタミン成分を確認
(東北大学薬学部臨床試験/中国北京軍区病院林輝医師)
◎ シアニジンなどの成分に鎮咳、鎮静効果があり、ぜんそくにいい
(漢方、鍼灸、家庭療法)

アレルギーを抑える抗ヒスタミン成分の宝庫

アレルギーを抑える抗ヒスタミン成分が何種類か含まれている。
シアニジンなどの成分には鎮咳効果。

⑧ イチョウ茶

★ 認知症、動脈硬化、老化防止、貧血、アレルギー、糖尿病、
更年期障害、めまい、肩こり、頭痛、耳なり、記憶力減退、
疲れやすい、腰痛、血管拡張、血栓溶解、多発性脳梗塞、立ちくらみ、
冷え性、高血圧、集中力、思考力低下、コレステロール除去、
手足のしびれ、脳卒中後遺症、ぜんそく、鼻水、動悸、ふらつき などなど

◎ 認知症の改善に著効
◎ 脳卒中などの老人歩行障害が4〜8割改善
(以上、フランス、チャールスニコレー病院)
◎ 84才の脳血管性の痴呆患者が1周間でほぼ正常に回復
(結城第二病院大木昌衛院長)
◎ 成分ギンコライドは血管を拡張し、血栓を溶かし、
多発性脳梗塞による認知症を防ぐ
(国立小倉病院水野修一医長)
◎ フラボノイド、テルペンの血液粘度を下げる作用などで
肩こり、頭痛をなくす
◎ 脳内の有害乳酸を減少させ、栄養ブドウ糖濃度を高めて
精神疲労を回復
◎ 憎悪因子となる血小板の活性化を抑制し、アレルギーを予防
(以上、鈴木医院鈴木秀夫医長)
◎ 動脈硬化症状の慢性頭痛、耳鳴り、めまいが2週間
〜1ヶ月で治る
(東京医科大学高橋優教授)
◎ エキスをえさに混ぜ、ニワトリの産卵寿命ののびや老化防止
効果を実証
(常磐植物科学研究所)

本家の日本では蚊帳の外

欧州では医薬品に認可されているが、日本では薬事法でも医薬品
の認定はされていない。

ドイツ、フランス、スイスなどヨーロッパ各国で日本産イチョウ葉
を原料として血管性疾患治療薬が病院で処方され市販もされている。

オーストラリア、中国でも医薬品。

ドイツの雑誌広告 ↓

「健康は脳から始まる ー 脳に酸素不足や血流障害が起きると、
わたしたちを襲うのは集中力不足で荒っぽくなったり、配慮があいまい
になったりする。この薬に含まれるイチョウ葉エキスは脳と体の酸素供給
を数週間で劇的に改善する」

アメリカ、イギリス、カナダでは健康食品として人気。

フラボノイドとギンコライドが効く

フラボノイドは他の植物にも含まれ防腐作用があり、発芽などを助ける。

ギンコライドはイチョウだけに含まれる成分で最近発見された。

つくり方、飲み方

イチョウ製剤ほどドラスティックには効かなくてもお茶として飲んでも
おだやかな効能はある。

ヨーロッパでは古くから血圧安定、美容のために飲まれている。

葉は8、9月の緑の濃い季節に採取。

天日乾燥させ、細かく裁断して容器で保存。

1日分大さじ1杯のイチョウ茶をコップ1杯半分ほどの水を入れて
土瓶で5〜6分煮出す。

やや褐色の色合いのお茶になる。かすかな苦味があるがそれほど
クセはない。レモン入れてレモンティーにしたりハチミツを入れても
おいしい。

⑨ びわ茶

★ がん、肝臓病、アトピー、風邪、腰痛、肩こり、冷え性、
関節炎、皮膚炎、高血圧、糖尿病、リウマチ などなど

◎ 成分アミグダリン(ビタミンB17)はがん治療薬
(22カ国で臨床応用)
◎ 腰痛他、肩こり、冷え性、皮膚炎症状がなくなる。高血圧、糖尿病、
リウマチ、がんなどに確実に効果
(帯津三敬病院院長帯津良一医学博士)
◎ うさぎの濁った血液が5分で弱アルカリになり血液浄化を確認
(大阪大学病理学部教室安田寛之博士)

実と葉に効能

初夏の実をもいで口に含むと汁があふれおいしい。実には咳止め胃の
具合をよくする薬効もある。

秋の暮から初冬にかけて白い花を咲かせる。

江戸時代には「びわ場湯」として庶民の間で景気払いに盛んに飲まれていた。

いわゆる当時の清涼飲料水。

これを売り歩く人が夏の風物詩だったというから人気のほどがわかる。

びわ療法は3000年の歴史をもつ仏教医学

葉を火であぶるなどして患部にあて、葉の薬効成分を毛穴から浸透させたもの。

インドの古い経典もびわの木をとくに優れた薬効のある「大薬王樹」
としている。

中国の漢方書「本草綱目」も、

「嘔吐の止まらぬもの、産後の口乾、煮汁を飲めば渇疾に主効あり。
胸、面上のできものを治す。胃を和し、気を下し、暑毒を解し、脚気を癒やす」
とびわの薬効を絶賛」

びわの葉の成分

精油、サポニン、ビタミンB1、ブドウ糖、クエン酸、タンニン糖質など。

うさぎの濁った血液が5分で弱アルカリに

大阪大学病理学部教室の安田寛之博士は、びわの生葉75グラムを金属製
の円筒に入れて加熱し、成分を含んだ蒸気をうさぎの腹部に吹き付けた。

すると5分くらいで血液をアルカロージス(弱アルカリ性血液)に変化
させ、諸器官を活発にし、自然治癒力を高めた。

30火で骨も丈夫になることが確認された。

効果が速く、確実性があり、万病に効く

この療法を検証した札幌鉄道病院の福島博士は、
百数十の臨床実験の治癒例を論文発表。

「びわ葉には、アミダグリンとエムルシンが含まれていて葉の表面を火
であぶることによって、2つが相反応して微量の青酸が発生。

それが皮膚を通して吸収され甚大な効果を発揮する。」

金地院療法として知られ、20万人もの難病に悩む人が救われた。

フンザのひとたちと同じがん予防効果

アンズを常食しているフンザの人々には癌がみられない。

アメリカの生化学者、E.T.クレブス博士は、アンズ種から薬効成分
アミグダリンを抽出、結晶化に成功。がん治療薬として開発。

「ビタミンB17」とも呼ばれ、22カ国でがん治療薬に認可され
臨床的に用いらている。

びわ葉には、約20ppmのアミダグリンが含まれている。

これは、びわ葉抽出物であるびわ茶にも含まれている。

つまり、びわ茶を常飲することはフンザの人々がアンズを常食することと
同じでがん予防につながる。

がんは生体に不可欠な栄養素が足りぬ栄養欠乏症

クレブス博士によると

「がんはバクテリアやウイルスなど体の異物が侵入しておこるものではなく
壊血病、パラグラ、くる病、脚気と同じように、生体に必要なある種の
栄養素が欠乏しているためにおこる病気で、一種の栄養欠乏症である」
(マックス・ゲルソン博士の理論に共通)

「したがって、生体の正常な代謝活動は損なわれ、免疫力、抗病力を低下
してがんだけでなく、心臓病、糖尿病、膠原病などの代謝異常による
成人病、慢性病を起こす原因となる」
(神谷富雄「びわの葉療法のすべて」)

がんを殲滅するビタミンB17(アミダグリン)

現代では、未精白の穀類、苦味のある野菜、野草などが、
近代文明の歩みとともに食事の献立から消えてしまった。

クレブス博士によると現代食から失われた必須栄養素の典型がアミダグリン
(ビタミンB17)ということ。

ビタミンB17はびわをはじめあんず、桃、梅、アーモンドなど
バラ科サクラ属植物の未熟果実の種子にある仁 (じん) に多く含まれている
ということです。

アミダグリンはがん細胞に出会うと活発に分解して青酸とベンズアルデヒド
になる。

ある実験では、青酸だけではがん細胞を1%しか殺せない。
ベンズアルデヒドだけでも20%。

とろこが両者を組み合わせると100%がん細胞を全滅させることが確認
されている。

「がん細胞がまるで殺虫剤をかけられたハエのように死んでいくのが
顕微鏡で観察された」

おもしろいのはがん細胞以外の正常細胞はコーダネーゼという保護酵素が
両者を中和して人体に無害で有益な物質に変えてしまうこと。

まさに生命の神秘。

つくり方

■ お茶

青々とした15、6枚のびわの葉の両面をたわしでよく洗う。2〜3cm
幅に切る。これをやかんに入れて水2Lでよく煎じてできあがり。

■ びわ酒

ビワの葉(乾燥した葉)を150g程度。

お酒:1.8L(35度以上)焼酎やホワイトリカーを使用します。度数が35度以上。
ホワイトリカーの変わりに消毒用エタノールでもできる。

瓶容器(4L以上)の容器

⑩ 日々草茶

★ がん、リウマチ、心臓病、高血圧、アトピー、狭心症 などなど

◎ 抽出アルカロイドにガン延命効果を証明
(名古屋市立大学医学部故・稲垣勲教授)
◎ 抗癌作用をもつビンクリスチン、ビンブラスチンを含む
(岡山理科大学理学部浜田博喜助教授)
◎ がん、リウマチの痛みを抑え、症状改善に驚くほどの効果
(岡山県哲多町診療所永田耕一医師)
◎ 日米で白血病などの治療薬として認可
(91年、第12改正「日本薬局方」)
◎ 服用時の免疫力低下を防ぐ
(北海道医療大学薬学部西部三省教授)
◎ 難治性アトピー性皮膚炎に大きな治療効果を確認
(小宮山診療所小宮山節子院長)

中国名「長春花」、可憐な花の葉に驚くべき薬効

生命力が強く、古来中国では「長春花」と呼ばれ

「日々草は、鎮静、安神、平肝降圧、高血圧の治癒、ホジキン病、
悪性腫瘤、白血病、肺がん、膜上皮がん、リンパ腫瘤などを治癒する」
と記載されている。

夏に強いキョウチクトウ科植物で観葉植物としても売られている。

がん、白血病の治療薬、アルカロイドに成分

日々草からは、アルカロイド120種類が検出されている。

アルカロイドとは植物体中に存在する窒素を含む塩基性物質。
さまざまな生理作用や薬理作用を示すことが知られている。

そのなかでも抗癌作用をもつのはビンクリスチンとビンブラスチン
のみで、この2成分を含有するのは日々草のみ。

1968年、アメリカのゴルマン博士が日々草に含まれるアルカロイド
化学構造を解明。抗癌作用があることを発表。アメリカでは日々草の有効
2成分が白血病(小児がん)治療薬として認可され広く使用されている。

日本でも主婦連などが、厚生省に認可を求める運動をおこし医薬品
として認可された。

1991年には「日本薬局方」にも医薬品として収載。

日米双方の政府がその薬効を認めた。

19人の子宮がんで日々草を飲んだ1人だけが生存

子宮がんの出血がひどく手術もできないほど。1ヶ月の入院後死ぬなら
家でと帰宅。

日々草の青汁を飲み始めて70日ほどたつと体調が回復してきた。

33キロまで落ちていた体重も45キロに戻り、子宮がんも完治。

入院していた時一緒だった子宮がんのがん患者さんたちは全員亡くなったのに。

白血病で医師に見放されたのにお茶と粉末で回復

1988年、悪性リンパ腫で入退院を繰り返した。心臓肥大となり
医師にも見放され、自ら通院を拒否。

92年、日々草の使用開始。

茎を煎じたものを1日3〜4回飲み、朝は粉末、夜は白い根の粉末を服用。

96年、信じられないほど健康を回復。

大腸がんが完治。20才の命が救われた

粉末を服用して半年後、内視鏡検査でポリープの大半が縮小。医師たち
は驚き手術中止を決定。89年、出血もなく良性のものに変化した。

ビンクリスチンでがん細胞は増殖停止

がん細胞は顕微鏡で見ると他の細胞と異なりゆがんだ球形をしている。

速い速度で分裂、増殖を繰り返している。

ところが、がん細胞にビンクリスチンが取り込まれるとがん細胞はくるくる
回転するだけで新たに分裂、増殖をしなくなる。

消滅はしないが、増殖が阻止された。癌でおそろしいのは増殖と転移。

つまり、がん細胞は日々草成分によって制圧されたことになる。

悪性腫瘍の患者には、葉の青汁が効果的

日々草でがんが改善した場合、どの成分が作用したのかを特定することは
きわめて困難であると認めている。

葉の青汁には現在日本でも抗がん剤として使用されているビンクリスチン
ができる。

これはがんや白血病の治療に使われているほど。

ただ、がん患者以外の人がとると吐き気などの副作用が問題になる。

がん以外の病気や健康維持の病気予防には青汁よりも枝根の粉末や煎じた
お茶などを飲んだほうがいい。

アルカロイドの含有量をきわめて少ないため日常的に飲んでも副作用はない。

根や葉を「生薬」で飲むほうが効果あり

日々草のがんへの「驚異の効能」は成分アルカロイドによる。

現在知られている健康食品でアルカロイドを含むものはほとんどない。

日々草に含まれているアルカロイド含有量はそれほど多くない。

日々草から特定アルカロイドを抽出生成した抗がん剤を飲むより、
葉や根をそのまま飲むほうがはるかに効果がある。

いわゆる生薬。

「日々草の中にはアルカロイドという成分だけがただ1つあるわけではなく
そのほかにさまざまな成分が含まれている。

日々草という生体の中では抽出された単独の成分だけをいくら分析しても
わからない作用がおきている可能性があり得る」

「現代の医学、科学では解明されていない作用がいい意味での相乗作用を
起こしているのかもしれない」

「本当に体に優しい薬というのは、合成薬ではなく天然成分の中にあるのでは
ないか」

1日生葉5枚以内!容量をきちんと守る

0.5グラム飲んでなんの効果もでなかったら、それは無効量。

2グラム飲んで効いたら、それが薬用量。

4グラム飲んだら倍効くとやってしまうのは中毒量。さらにそれ以上は致死量。

「生の葉(小指大以上)5枚以内」あるいは「乾燥粉末1g以内」

重い関節リウマチが重労働ができるほどに回復

他の抗リウマチ剤より明らかに効いた。

入浴で乾燥を防ぎ、薬効成分が菌を抑える

アトピー性皮膚炎患者の皮膚を調べてみると発症部位の80%を超える
箇所から黄色ブドウ球菌が検出される。

防御力の弱まった皮膚にブドウ球菌が付着し、細菌類が繁殖することに
よってだされる毒素がアトピー性皮膚炎のかゆみなど不快な症状をもたらす。

皮膚についている細菌類を洗い流し、繁殖のもとの乾燥を防いで保湿し、
さらに日々草成分の薬効成分が菌繁殖を抑制する。

入浴剤のつくり方と使い方

枝、茎、根のよく乾燥させたものを1つかみ(約20グラム)をさらし袋
(あるいは市販お茶バッグ)に入れ、浴槽のお湯に入れて入浴。

入浴後は取り出し、よく絞って水気を切り冷凍庫に保管。

1つの袋で10回は使用できる。

つくり方、飲み方

日々草は家庭用プランターや庭で栽培できる。

白、紅の花は可愛らしく、鑑賞と健康維持が同時にできるのも素晴らしい。

種まきは通常4〜5月の梅雨入り前。肥料もほとんどいらず毎朝の水やりだけで
育つ。

■ 青汁

10日分の量をまとめて作る。1回服用量は小指大の葉5枚分が適量。

10日分なら150枚(約45グラム)。

葉をつみとり、よく洗って水100ccを加え、ミキサーでジュース状にする。

回す時間は30〜40秒と手短に。ガーゼでこしてできあがり。ミキサー
がないなら水を加えすり鉢でつりつぶす。

青汁は空気にふれないようにすぐに密閉できる袋につめて冷凍庫に保存。

はじめの2〜3日は分量を3分の1ほどにして、体調の様子を見ながら
規定分量の間で調節する。粉末、茶なども同様。

青汁はがんにかかっていない人にはすすめられない。制がん作用のある
アルカロイドを体内に取り入れるので副作用が考えられるから。

■ 粉末

生育した日々草を根ごと引き抜く。

よく洗って、2〜3日天日乾燥。1〜2ヶ月ほど陰干しする。

カビがでないように注意。分量目安は1日3回服用とすると1株で1週間分
の粉末ができる。

■ お茶

① 粉末を作るのと同じ手順で乾燥させる。

枝、茎、根を2〜3センチの長さに切る。分量は1回1.5〜2グラム。
(2〜3cmに切ったものを5〜6本)

② 沸騰した熱湯360ccに1回煎じる分量を入れる。

③ 約20分間そのまま置く(アルカロイドは火に弱いので火にはかけない)

④ 液だけを他の容器に移し、再び日々草に新しい熱湯360ccを加え、
こんどは30分間放置。

⑤ さらに、液だけを他の容器に取り出し、3回目も同じように新しい熱湯360cc
を入れ、また30分間置く。

⑥ 1〜3回までに煎じた液合計1080CCを一緒にして完成。保存は冷蔵庫で。

⑦ 毎食後に90cc(コップ半分)を目安に服用。便秘がちの人は朝起きてすぐ
飲むと効果的。

効果的な服用方法

1つのものを服用するより、青汁、粉末、日々草茶の3種類を交互に飲む
ほうが効果的。

がんの療法例:

朝(青汁)/昼(粉末)/夜(日々草茶)

健康管理の例:

朝(粉末)/昼(粉末)/夜(日々草茶)

「粉末だけあるいは煎じたものだけでは効果が3割くらいだとしても
交互に飲めば100%期待していた効果が上がってくる」

⑪ イカリソウ茶

★ 精力増進、不妊改善

◎ これを服すれば、精力を増進し、好んで陰陽(性行為)をなす
(神農本草経)
◎ 男子の絶陽(インポテンツ、遺精、早漏)で子なき者に効果あり
(日華子本草)
◎ エキスを犬に投与する実験で、成分エピメジンが精液の分泌を
促進するのを確認
(星薬科大学伊沢一男名誉教授)

美しい花に秘められた抜群の強壮強精力

メギ科の多年草。草丈は20〜35cm。北海道から本州にまで自生。

春に紅紫色の4枚の花弁をつける。その形が船の錨にそっくりなことから
この名がついた。

イカリソウは俳人、小林一茶と切っても切れない仲にある。

一茶の俳句日記「7番日記」に愛用の生薬として登場。生薬名は「淫羊かく」

中国最古の薬物書「神農本草経」に名前の由来として

「人がこれを服すれば、好んで陰陽(性行為)をなす。四川省西部の北部に
淫羊という動物がいて、1日に100回交合する。

それはこの葉を食うためだという」

一茶は52才で最初の妻をめとるや65才で亡くなるまでさらに2人の妻
と過ごした。そして、5人の子をもうけたという絶倫家だった。

古典版バイアグラ?

インポテンツ、早漏、さらに男女の不妊症に効果があるとされる。

古来さまざまな薬物書に強壮強精の効果が特筆されている。

「男子の絶陽(インポテンツ、遺精、早漏)で子なき者、
婦人の絶陰(子宮、卵巣の発育不全)で子なき者」に効果ありと。

中国医学は五臓六腑が各々ペアでそれぞれのはたらきを支配するとみている。

イカリソウは肝(全身の機能を支配・調節)と腎(生殖器と腎臓)を強め、
その結果精力も強靭になると。

8年も子宝に恵まれなかったカップルの不妊を改善

強壮強精のイカリソウは不妊にも当然効果がある。

結婚して8年も子供ができない妻にイカリソウを夫に飲ませる
ようにすすめたら、1年後に待望の赤ちゃんが生まれた。

つくり方・飲み方

■ イカリソウ茶

感想・・・田舎の老人の元気さ、頭の聡明さは船瀬さんが書いている
通りでほんとにびっくりしますよ。

三重県の中でも特に美杉町のような山に囲まれた場所で生きている
ご老人はたくましいですね。

文明の進んだ都会のご老人のほうが頭がキレると思うかもしれないですが
全然そんなことなくて、いわゆる街の娯楽はなんにもないけど自然を相手
に遊んでいるので顔もハツラツだし思慮深いですね。

しかし、こんなにたくましい薬草が日本にはたくさん存在している
ことにたのもしさを感じますね。

驚異的な効能を持つ薬草ほどどこにでも生えていて生命力がたくましすぎて
逆にうっとしがられるほどの存在なんだから笑えてきますね ぷっ。

アーシングもそうですが、地球は老若男女、貧富関係なく誰もがハツラツ
になるための全てを備えているということなんでしょう。

足元を見つめたら全ては備わっていると。

思考できる生物人間が自然の摂理をこねくり回して難解にしすぎている
のではないかと・・・。

確かにそのへんに生えている草でほとんどの病気が治ってしまうなら
医学界も製薬業界もメディアも商売あがったりですよね。

薬事法なんてのも国民を守るための法律なはずなのに本物を本物
といえないなんて逆に本物を隠すためのまやかしとさえ思えてきますね。

だって本当にがんが治った薬草でも治ったと言って売ってはいけないん
でしょ? 治った事実は事実なんだから売り物にしても全然問題ないじゃん・・・
事実なんだから。

その後で「本当にこれで治った人もいるが効果には個人差がある」と
うたえばいいんじゃないの。

まぁでも誇大広告するインチキする輩も確かに存在するわけで
難しい世の中ですね( ఠൠఠ )

TAKAさんはこの本を読んでから、これらの薬草をとりにでかけるのが
趣味になっていてマイブームになっています。

やばいですよ。はっきり言って。いい意味で!!!

最近の親子はあまり山菜採りってやらないのかもしれないですが
TAKAさんが子供の頃は、とうちゃんかあちゃんに連れられてつくし
やわらび、ゼンマイをとりによくでかけていましたね。

それが親子のコミニケーションにもなって家族の絆を深めるひとつの
ツールになっていたんでしょう。

またそれぞれの薬草についてはYoutubeの映像にでもして楽しもうと思います(^^)

ちゃおっ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)