葉緑素の効果とは

TAKAです。

多くの薬草茶に共通する葉緑素とは?
そしてその効果効能についてまとめてみます。

葉緑素とは何なのか?

植物の葉などに含まれる色素で緑色の植物は、
この葉緑素の助けをかりて、

太陽の光をエネルギーに転換し、空気中の炭酸ガスや窒素と水
から炭水化物やタンパク質のような複雑な物質をつくる。

葉緑素の化学構造は赤血球の血色素(ヘム)とそっくり。

葉緑素マグネシウムが体内で鉄に置きかわると、緑の色素
が赤い色素に変わる。

葉緑素は糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルのような
栄養素ではないが、人体内においてさまざまな生理作用に関与し、
その第一は造血作用。

葉緑素の作用

◯ 体に入った葉緑素は顕著な消炎作用があり、アレルギー体質や
糖尿体質の炎症体質を改善

◯ 葉緑素は肝臓を強める作用があるので、食品添加物や薬害などの
有害物質の解毒作用が強化される。

◯ 造血、洗血により血液循環が促進され、解毒期間である腎臓の機能も
高まる。

◯ 葉緑素は損傷を受けた組織に対して素晴らしい修復作用をあらわす。
実際に葉緑素は肉芽形成作用、創傷や化膿性の皮膚に著効をあらわす。

◯ 体内損傷組織、胃潰瘍、慢性胃炎または胃下垂、胃アトニー、胃酸過多
にも有効

◯ 葉緑素が腸壁の運動を活性化する作用が強いから便日解消にも優れた
効果がある。便秘は血液の汚れを引き起こし、慢性病をひき起こす原因を作る。

◯ 葉緑素はがんに対しても有効。がんも食べ物が原因で血液が汚れ、その
血液中の炎症成分質が細胞膜をおかし、異常な細胞分裂の原因を作る。

葉緑素による血液浄化こそ、すべての慢性疾患治療法の基本となる。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

よく貧血対策にはレバー(肉)を食べろとか子供の頃にいやいや食べた
記憶があります(^^)

しかし、血を汚さないで正しく貧血対策するには葉緑素の摂取が大事
ということがわかりますね。

さいならっきょ( ఠൠఠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)