テラヘルツ健康有効波が見つかった!! ~生命力アップ、成長促進、還元作用~ レビュー

TAKAです。

アーシングと薬草を取り入れたことにより
めちゃくちゃ体調がよくなりました。

それまでは、テラヘルツネックレス、ブレスレット、
アンクレットを身に着けていたのですが、紐が切れてからは
はずしたままにしていました。

でもやっぱりアーシングと薬草だけでもよくなくて
テラヘルツはテラヘルツで活用することでアーシングなど
他の素晴らしい健康法が相乗効果で効くんだと再認識しました。

なぜかといえば、たしかにアーシングや薬草で劇的に疲れ
知らずになりましたが、

テラヘルツ生活から離れて1月ぐらいで肩こりや頭痛などが
でてきたからです。

ディスプレイを長時間見ることが多いのでやはりマッサージ
効果のあるテラヘルツも一緒に活用しなきゃ駄目ですね・・・

今回のことで再認識したのは、
足裏マッサージなど万人に効く普遍的な健康法でも昔はひとつ
の健康法で克服できた慢性病も現代人は昔にはない電磁波の帯電
とか昔にはなかった要因があまりに増えているので、

それぞれの健康法をミックスして対応しないとなかなか難しいと
いうことです。

アーシングや薬草は確かに地球の自由電子を体内にとりこんで
炎症を消し、体に活力をとりもどして元気にしてくれます。

しかし、1秒間に1兆回の振動数があるかといえばないですね。

1兆回の振動数のマッサージ効果はないわけです。

健康法と健康法を融合することで強力に癒やし効果を発揮するので、
新しい健康法で素晴らしい効果を得たとしても、

それまで効果のあった健康法をストップするのではなく、
その健康法の本質、エッセンスはなんなのかを理解したうえで
融合して活用していくことが必要になってくるでしょう。

そんなこともあってこの本は1年ぐらい前に読んだ本ですが
再度その素晴らしいパワーを認識するためにまとめてみることにします。

====================

テラヘルツの効果、効能

① 細胞を活性化し、赤血球を正常化し、酸素や栄養素を効率よく、
細胞や組織、器官に運ぶ

② 血管や神経の圧迫を減らし、血液や神経の流れが円滑になり
疼痛が緩和する

③ 有害物質を体外に排出する

④ 還元作用で老化を防止する

⑤ 脳波の調整、リンパ球を増やし、免疫力を向上させる

⑥ 余分な体脂肪を代謝、燃焼し、痩身効果がアップする

⑦ 脳はの乱れを起こし、免疫力を低下させる電磁波障害を緩和する

⑧ 活性酸素を除去する

⑨ a波が増えるので、比例して快楽ホルモンであるB(ベータ)エンドルフィン
やドーパミンも増えてくる

⑩ 身体の深部(皮下組織以下)まで透過し体温を上げる

⑪ シミやそばかすから肌を守り、若々しい肌を保つことができる

炭火焼きがおいしい理由はテラヘルツだった!

炭火焼きでうなぎやサンマ、焼き鳥がおいしくなるのは
備長炭の火力が強くテラヘルツ波領域の電磁波密度が高いから。

毒を無毒化してしまうテラヘルツ水

分子状の水素の状態を測定して、酸化還元電位(ORP)を調べると
水の機能を知ることができる。

高い数値が出る場合は、細胞を錆びさせる酸化水。

低い数値が出る場合は、錆びをおさえる還元水。

これで測るとテラヘルツ水は低い数値をだす。

つまり、テラヘルツ水は、化学薬品、食品添加物、紫外線、酸素
などの酸化作用、毒性を還元してくれる作用があるのです。

テラヘルツは増殖する?

電子回路で人工的に発生させたインコヒーレント
(波のもつ性質の1つで干渉のしやすさを表す)なテラヘルツ波
を人工的に物質に照射すると、

その物質の分子や原子の格子振動(固体の熱運動の一種)が激しくなり、
結晶構造がへ整列変化して、テラヘルツ波の放射量や平均放射率が
高くなり、物質がテラヘルツ放射体に変化!

その結果、近くの物質にテラヘルツ波を大量に放射するように!

これをテラヘルツ加工またはテラヘルツによる物質変性と言う。

これらの性質を利用して機能性繊維がさまざまに開発されている。

夏は涼しく、冬は暖かい!

冬は遠赤外線領域であるテラヘルツ有効波で身体の芯から暖まり、
夏は汗や水分の蒸発が早まり、

気化熱を奪ってくれるので皮膚温度を下げる効果がある。

電磁波障害から守ってくれる

電磁波はきれいな波形で伝搬するわけではなく、本体波に
細かいリップルノイズ(周波数は50〜100Hz、関西以外は60〜120Hz)
が乗っていると考えられています。

このノイズが脳波の乱れやさまざまな健康被害をもたらすと考えられている。

テラヘルツ有効波はこのリップルノイズを調整して有害電磁波障害を抑止。

バッテリーの長持ち

バッテリーは、

充電は蓄電池内の電子を増やす還元作用として働く。逆に、
放電は蓄電池から電子を放出する酸化作用として働く。

電池の電極や電解液の劣化は、蓄電池の酸化劣化に起因する。

蓄電池にテラヘルツ有効波を照射したシールを貼ることで、
充放電を繰り返すようになり、

電解液の水素結合の分離や格子振動(固体の熱運動の一種)の共振
などで放射された電子が高速で移動。

そのため、他の原子や分子と衝突して、電池内の自由電子が増加して、
蓄電池は還元状態になり、酸化劣化を改善する。

結果として、充電時間を短縮して結果的に電池寿命を延ばすことができる。

携帯電話を仕様する際に、通話の電波にテラヘルツ有効波が乗ったような形
で伝搬するので、携帯電話の受信者もテラヘルツ有効波の恩恵を受けさまざまな
効果を得られることが実験によりわかっている。

いろんな実験

・トマトが常温30〜35度の真夏日でも50日たっても新鮮な
状態をキープ!

・テラヘルツを照射した肥料で育てた植物は青々と密集して元気
に大きく育っている。

・テラヘルツ波を照射すると低価格酒が高級酒に

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)