月光浴の効果を高める方法2

こんにちは、TAKAです。

大人になって太陽と月の動きのおさらい
(笑)なんですが、

太陽の周りを地球が周っている。
地球の周りを太陽が回っている。

ということです。

で、夏の太陽は高く冬の太陽は低い。

と同じように考えて、

夏のお月さんは低く、冬のお月さん
は高いと考えてしまっていたんですが、

訂正します。m(_ _)m

そうではありません。

失礼しました。

新月とは、
お月さんが地球と太陽にはさまった状態、

満月とは、
地球がお月さんと太陽にはさまった状態、

ということです。

で、

冬の満月=夏の太陽 ▶ 高い空を通る
冬の新月=冬の太陽 ▶ 低い空を通る

夏の満月=冬の太陽 ▶ 低い空を通る

というこなんですね。

春の上弦の月=夏の太陽 ▶ 高い空を通る

春の下弦の月=冬の太陽 ▶ 低い空をとおる

ということです。

なんかややこしいですね w。

で、何が言いたいかというと、

日光浴によるセコステロイド(ビタミンD)
の生成を効率よくするなら、

太陽が一番高い南中にある正午前後2時間
ということでしたよね。

光量も南中にくる時間がピークになります。

同じように考えるなら月光の恩恵も
最大にもらうなら南中にくる前後2時間
と考えられますよね。

太陽と同じくこの時間帯が光量もピーク
になるはずです。

なんか突拍子もないこと言い出したw
と思われるかもしれないですが、

私のデトックスセンサーが働いている時
は喉あたりがスースーするんです。

(スースーする度合いも軽い時もあれば
強い時もあります)

今日は月光が南中にくる時間が
11時14分だったんですが、

確かめようと思って
12時ぐらいから30分ぐらい野外を
散歩してみたんですね。

やっぱり感はあたっててスースー感が
強かったですね。

だから、月光浴を日々楽しんでいる人は
月齢カレンダーで運航パターン把握して
日常に組み込んでいる人多いと思いますが、

スケージュールがあうなら同じ月光浴
するにしても南中にくる時間付近を
狙って行うといいと思いますね。

ここまでくれば完全に月光を味方に
つけたといえますね。

そんで、

月光は遠赤外線を超える超遠赤外線と
いえるテラヘルツ波を多量に含んでいて、

細胞の奥深くまで浸透してマッサージ
効果があるんですが、

月光浴は限界がないというのもいいですよね。

日光浴は度がすぎると炎症おこしたり逆に
体に弊害がでてくることもあるんですが、

月光浴が度をすぎて体に弊害でたなんて
聞いたことないですからね。

もちろん急に月光浴やると好転反応が
強すぎて体が痛んだり、心が乱れること
もあるみたいなんですが。

昨日12月13日、日曜日だったんですけど
月の出が4:53分で月の入が15:29分
だったんですね。

どちらかというと曇り空だったんですけど

日光浴によるセコステロイドの生成だけを考えて
いたら晴天ではないので残念な日ということに
なりますが、

月光浴のすごさもわかっていたら
絶好の好機といえますよね。

だってこれが夏だとしたら3時間とか
太陽直下にいることは厳しいですよね。

日陰でのセコステロイド生成がメインになる
と思います。

でも昼間の雲り空でお月さんも昇っていれば
過度な紫外線の害にびびりながらということ
もなく長時間空の下にいられますからね。

私も昨日3時間ぐらい焚き火しながら
音楽聞いてくつろいでたんですけど、

かなり月光パワーがチャージされた感じ
です。

ただ、冬にたくさん月光パワーをチャージ
したくて空の下にいるといっても
運動とかでもしていないかぎり寒いですよね。

んで、おすすめは焚き火ですね。

やってもいい場所とか防災のこととか見極め必要
ですが家にたまったダンボールとかを
無心で燃やすのってけっこう癒やされますね。

ふだん炎を見る機会って思うほどないと
思うんですが、

日のエレメント、炎をみるのも1/fゆらぎ効果
とかリラックス効果あるのでおすすめですね。

またどんな焚き火してるの手軽で簡単なTAKA流
プチ焚き火をアップするかもしれません。

ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)