神秘の月光浴 ~新しいあなたへ生まれ変わる~ レビュー

月光浴の科学的根拠

(序章)

● 新しい自分のために、月光の夢を見に行こう。

一月に4回訪れる魔法の時間を逃してはいけない。

● 心の中をときどきは空っぽにして、もうどのポケット
にも何も入っていないと思える時間をつくる。

そして、ただぼんやりと月の光の中で心を遊ばせる。
それが月光浴の始まりだ。

● 生き方を通じて自分の周囲の人や家族、愛する人も
幸福にすることができるテーマなら、必ず実現できる。

それが自分自身を取り戻す近道。

● 何より大切なのは自分のイメージを自分でつくり、
組み立て、意思をイメージに伝えることで、

自分の運さえ自由に拡大できるということを自覚すること。

誰かが、「あなたは本当はこんなに成功するのですよ」
と言葉で伝えるのとはまったく異なり、直感的に自分本来
の見通しがつくということ。

● プレッシャーがあったからこそ成功者に変わる人は
多い。子供の頃や若い時代に不利な条件がおこっている。

ということはある時点で一気に自分を変えるきっかけを
持っているということにもなる。

● 月の刺激で直感的になっているので必要以上の思考力
を使って自身を疲れさせることはいらない努力。

 

(WHY なぜ)

 

● たった一度の月光浴でインナーボイス(内なる声)や
スーパーボイス(超意識による直感)が、

かいその人の人生を敗者から勝者に変えてしまうことがある。

どちらにしても心の進化の過程で現れる現実。

● ライトフィールド(生命磁場に影響しているのは月と太陽)

● 月の光は愛。その人のいちばん疲れているところを
解放する力を持っている。

月の光が体に染みて頭のすみずみまでくつろがせて
くれたことを思いだすとそれだけで、

音楽にも似た旋律が体に満ちあふれてくる。

● 月光浴は創造のエネルギーに満ちた魔法の海に浸かること。

月の光を浴びると誰もが心の進化を求めたくなる。

● 月の光の下で、私たちは最も自分らしく変身する。

それは、月光の光を受けた脳が抑えられていた感情
を解放するから。

悲しみ、失望、心の痛み、憎しみなども幻想の一部
ということに気づいてくる。

● 月は不思議な力を持っていて、特に記憶に関わる脳細胞
に影響しているという医師たちが何人かいる。

ほんの少しの時間、感情的になるかもしれないが
必ず静かなやすらぎがそのあとにやってくる。

鎮静効果もあるが、その前に高まる感情があって
その両方がバランスを取り戻すまでに時間がかかる人と
ほとんど同時の人がいる。

● 月が人間の直感に作用し、意識を高めたり、低め
たりするのは思考パターンを決める脳細胞に深く
関わっているから。

● 少しでも今の状態から脱出しなければならないと
思っている人は、真剣に付きをメディテーションする。

肉体も心も1日に1回はやさしくされたい、自由に
なりたいと思っている。

そのために月光浴がいちばん簡単で自分に優しくなれる
妙薬だということにきづくだろう。

月の精から贈られる魔法の光が、いままで不可能と
思っていたことを可能なものに変えていくはず。

● 月光浴はあらゆるプレッシャーに打ち勝つ
方法を獲得する。

● ライトフィールド(生命磁場)に影響している
のは月と太陽。

● 人間の体において出産や感情的なストレスを
コントロールしている機能と月の周期が深い関わりを持つ。

本物の病気、心因性の病気、その違いを見抜く力
を月は持っている。

満月や新月のときは幻想におちいりやすいと思われて
いるのと逆にリアルな直感をとらえるチャンスの時といえる。

● 月光浴によって細胞の中の眠っていた思い出は
いったん自由になると気化していく川の水のように
次から次へと思い出を蘇らせる。

● 月光浴には自分の未知の可能性に突然近づく力
がある。実際に体験してみると最初は本当の自分が
わからなくなり、

次にすっかり自分が変わってしまうことがある。

● 月の光には、脳の刺激を通じて感受性を高める作用
がある。静かな自信が生まれ、内なる自分との対話を
経過して、

悩んでいた自分が消え去り、もっと自分らしい行動が
表面に表れる。

● 地中から地上へ芽を出す前の植物は月の光の磁場で、
成長を促されている。

● 満月と新月は人間の肉体や感覚だけでなく大地その
ものにも影響を与えている。

地質学研究者は、大潮の時に3センチも陸地が高く
なったことを記録。

● 月の満ち欠けと潮の干満の関係は、海岸線の増減や
大きな引き潮のときに現れる出島のようなもので観察できる。

この現象は体内の約70%が水分である人間の肉体にも
おきているはず。

太陽と地球の間で作用する月の引力の影響が肉体にも
作用すれば精神まで変化するだろう。

● 満月や新月の時は、カニの肉がおいしくなる。

水分が多くなるため。

● 古代の人が数分間のことであれ月食を恐れたのは、
太陽からの磁波が途絶えるということを、

触覚を通じて他の生物、そして宇宙との
コミュニケーションができないことを恐れたのかもしれない。

● 月光浴は地球という地場を使った月との共感体験。

月夜の晩に昔の夢を見るケースが多いというのも、
原始的な体験の記憶を月の光が刺激するから。

● 月の満ち欠けが潮の満ち引きを起こすように胎内の
赤ちゃんのクッション役を果たしている羊水も、

月の引力に引っ張られ、出産のための母体の伸縮作用
を促すといわれる。

● 満ち潮が松果体に影響して女性の生理を早めたりする
のに対して、引き潮は人間の磁波を引き寄せる。

● 松果体は体のアンテナともいうべき直接感応力を
持っている。他からの磁波を受けると神経回路を通じて
体で反応する。

● 22時と5分3秒の間、月面に滞在を許された宇宙飛行士
は、それぞれの考え方とは別に、次第に神のような意識
を持つようになっていった。

それは、宇宙と月と人間の間に磁波があり、人間が自然と
調和するするということであり、失われた自己の発見だった。

● 地上から月を見ていると不思議な旋律に導かれる。

沈んでいた感情が浮かび上がり、かたちをなしていく。

月が体内に及ぼすバイオサイクルの影響。

月の光は脳の興奮を鎮め、疲れやストレスから解放して
くれる。そして、希望の源にエネルギーを与えてくれる。

自分は何なのか考えるより自分がいちばんらしくなれる
位置にもどることが大切。

● 月とツキは妙なこじつけでもないし、個人のジンクス
でもない。それ以外の何かがつく。

超自然的なものを直感的に感じるという意味では少し
関係がある。

● ツキをとらえることに意欲的な人なら、いままでの自分
を超えてラッキーな方向へ進むものとして月は作用するし、

逆ならツキを見失うかもしれない。

● 月は人を幻想的にする。見えないものを見えるように
する効果が月光浴にはある。

● 1年に何回か自分をやり直す特別の月と日があれば、
誰もがカレンダーを見ながら自分を強くできる。

新月と満月、そして、上弦、下弦を入れたら、
人は30日に4回も変身のチャンスを持っている。

● 月の光は人間の記憶に影響を与える。

満月の夜にいつもと違う行動をとりやすいのは
細胞の中の記憶が月光によって蘇るから。

● 月の光は、プールに静かに沈んでいく緑色の
小石のように人間の思考を沈め、

落ち着かせずにはおかない効果を持っている。

● 暗く光のない新月は逆にいつも見えなかった
部分をかえって明確にする。

暗い部屋の中でメディテーションするバイオ科学者
の政木和三談。

● 著者が月光浴でわかった3つのこと

1、人間はいつも新しい変化を求めている。しかも
成功するチャンスは月次第。

2、夢の中で止まっていた日頃の思いが一気に具現化
するとき、目標を自分の脳にインプットする。

すなわち、成功率は拡大される。

3、もう1人の自分の発見。全機能が高まるので今まで
うまく生きてこられなかった人にとって月は最大の
チャンスメーカー。

● ぼんやりと曇った夜でも、月は体内の胎児や深海に棲息
する魚たちにも光を超えて見えないフィールド(場)を用意している。

● 月の美しい夜は時間を超えて自分の夢を見るのに最適。

不可能だと考えていたことを可能なこととして自分の心に
はっきりと描けるのはこのときをおいてない。

まるで魔法の水を飲んだように、ひんやりと心地よい
エーテルが細胞の1つひとつを目覚めさせてくれるに違いない。

● 自己肯定的にしかも魅力的に変える力をもつ星が月なのだ。

● 4つの月の効果

新月(ニュームーン)

月光浴のいちばんはじめ。光は見えないが人間の精神面
に影響を与える力は、満月よりも強いこともある。

感情を刺激しいつもと違ったタイプのインスピレーション
を感じることもある。

一種の無意識層にあるデーターバンクから、いつもと違う
答えや情報をピックアップするのに最適な時。

上弦(ファーストクォーター)

宇宙の一部、月の働きに微妙な影響を感じる時。
月のエネルギーがもつ力をこのファーストクォーター
で自分と結びつけることができる。

下弦(ラストクォーター)

上弦と同様、月の持つ性格で、いつもと異なった自分
の感性を引き出しやすくなる時。

満月(フル・ムーン)の効果

右脳、左脳、2つの思考チャンネルの対立関係にあるものを
融和させ統一させる磁場をもつ時。

満月の海に出てみると、満ち潮と引き潮のぶつかり合うのが
見える。

● 人間は自分の欠如している部分を補おうとするとき、
月という味方とそこから生まれる思考の違ったイマジネーション
が必要になる。

自分の内部の欲求とそれを引き出そうと作用する月の
エネルギーが磁気連合になって、”あなたは変われるのだ ”
と勇気づける。

パーフェクトムーンの数日は、月と心の作用も重なって
数千年続いたかのような苦しみも一気にゴールに向かう。

● 月光浴は時を選び、多くの仕事を終えた夜、
静かに過ごすエコロジー・コンシャス
(意識の疲労回復薬)として注目され始めている。

(WHAT なに)

● 自然といまよりもっと親しかった頃、月も太陽と同じ
ように崇拝されていた。

太陽が大地に生き栄える力を、そして月は目でとらえる
ことのできない部分、つまり心の進化を司っていた。

ともに人間が再生していくことに関わってきた。

● フルムーンとニュームーンの間で人間も動物も植物も
劇的に変化する。ホルモンバランスや神経を通じて、
筋肉にも作用するから風貌も変わる。

動物実験からは生物の感覚が特に高まるのが満月と
新月の2日ほど前から。

● ザールランド大学のジーグノット・ラング博士は、月の影響
を動物で実験してきた科学者の一人だが、

動物の体内の水分は、潮の満ち引きと同じように大きく
変化し神経にもダイナミックな変化が見られたという。

● 古代エジプトのフォラオ(王様)は月の光を浴びながら、
宇宙とひとつになった。

フォラオは最高の頭脳を持っていたと歴史に記録されている。

● 「月の光は人間をはっきりさせてしまうところがあるらしい」
ある雑誌の対談で精神科医の松永氏談。

● 月の光が脳下垂体に刺激を与えて女性の生理に間接的
な影響を及ぼすという説を、

カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが発表。

● 生命と月の2通りの見解

大脳生理学者の説

生命の起源が海であるという記憶を人間は進化の中で
持ち続け、月の光と潮の干満の影響を受けて大脳に直接
生理的な反応する。

生物学者の説

太古の海の記憶を持ちながらも満月、新月の影響に
よって生命が誕生する。

いずれにしろ、月の光は1ヶ月に2度は地上に大きな
影響を与えている。

● 古代には月食を恐れる民族が多くいた。

北イングランド、オーストラリア、カナダ、メキシコ、
アフリカ、アメリカ・インディアン

彼らが、月食を不吉な現象とするのは月食のときに
人間と体と自然とのあいだに交流している磁気が中断
してしまうことに気づいていたから。

● 新月と満月の時に、右脳と左脳の働きが入れ替わる
というデーターを提出した日本の大脳生理学者がいた。

● 地球は、4分の3以上が水で覆われている。

そしてそれが宇宙に消えてしまわないように奇跡に
近い確率で太陽との距離を保っている。

その水分が月によって変化をおこす。

● 古代エジプト人は太陽と同時に月を崇拝した。

● 月と犯罪を結びつけて考えられるのは、闇への恐怖心
からくる原始の記憶だというのは、

犯罪心理学者のマーティン・サイサー博士。

● アメリカでは、公的機関も、人間の行動を月のサイクル
と関連付けてコントロールしている。

たしかに、日本よりアメリカ、ヨーロッパのほうが、
月のサイクルをオフィシャルな面に応用している。

● 満月や新月の時に採掘された宝石は、通常より3倍高く
買い取られることがある。

どれも色やカットが違うように、結晶になったときの
地中での状態や質で価値が決まる。

特別に強力なエネルギーを含んでいる石は、新しい可能性
の分だけ高くなる。ツキを呼ぶ石は本当にある。

大切なことは自然の振動と人間が共鳴すること。

月光浴のメディテーションでその呼吸が得られる。

 

(HOW どうやって)

 

● 植物にかぎらずあらゆる生物は、内部にアンテナ
(触覚)機能を持っている。

光をその触覚に感じると敏感に感応作用をおこす。

● 鉱物が地中で月や水星、金星の磁波をとらえ、休息
しつつ成長しているのと同じく、

植物も月の夜に翌朝花を咲かすための準備をする。

● 光を吸収し新しい自分の要素をめいっぱい引っ張り
だすにはたったひとつだけ気をくばることがある。

それは、一人きりになれる場所を見つけること。

部屋の中、ベランダ、バスルーム、車の中、温泉、
ベッドルームの窓辺、ボートやクルーザーの上など。

● 雨でもハリケーンでも効果はあまり変わらない。

● 水が月の影響を受けやすいという意味で水辺に
近いところがオススメ。

● 誰にでもできる錬金術。
(ルーブル美術館ベイトソン研究官)

「窓の外から入る光。太陽の光だけでは黄金分列
の魔法の力は作用しない。

正方形が2分されて調和した直角三角形が生まれる。

ディエットを楽しむようにバランスのいいモノ同士
は互いに惹きつけられてかたちを作る

バランスこそ最高の錬金術。

● たとえ月の光が届かない洞窟で暮らしていても
生体リズムは月の影響を受けている。

満月の時に雨やハリケーンに見舞われようと月への
感応力は決して低下することはない。

体内には、宇宙の振動、つまりリズムと共鳴し
あって動いている宇宙バロメーターのような
システムがある。

● 月の光は生命の原点を刺激する。

ストレスがたまっていて体力が少し落ちている時は、
月の光の下で静かにくつろぐ。

きっと、生体エネルギーが増幅されてくるはず。

月からは、生命力と感情の高まりという2つのプレゼント
が届くことになる。

● 知性が直感的な予知能力を消してしまうような生活を
している。

自然との共鳴のメカニズムを自分の中に取り込む方法 ↓

1、月の光を目でとらえる

2、脳を通る

3、神経系に情報が届く

4、行動に移す

● 成功、勝利、愛、幸福どれでも手にすることができる。

それらを成就するためには、月の光の下で心からリラックス
し、自分が自分らしくあることを望むだけでいい。

月光浴とは心の中心で進化のエネルギーを呼吸すること。

● 夢の手前で思いとどまっている人がいたらすぐにできる
ことがある。

月の美しい夜にほんの少し静かな時間をもつことだ。

時間を超えて過去の思い出や新しい予感を浮かび上がらせるだろう。

● メディテーションは本当に自分の力で何かを超え
なければならないときに、内なる神と呼ばれるエネルギー
を精神から肉体へと引き上げる行。

もう、これ以上自分の力でどうすることもできないと
思ったとき、私たちはメディテーションする。

そして、静かに目を閉じていると自分の中に何かの変化が訪れる。

不安、あせり、それらの否定的なものも一度は浮上する。

だがそれがゴールではない。通過するだけ。

それらの雑念が過ぎるまでは数分かかるときも10分以上
かかるときもある。

● ある種の刺激で精神は脳の働きを超える。

脳をもっと有効的に使おうとするならできるかぎり感動的
に生きること。感動したことに人間はアクションをおこす。

そして感動は、いつも魂を奥からゆるがすほどのリアリティ
に満ちている。そんな時人間は進化する。

そして精神性を高める。自然の環境が脳に影響を与える
のは本物しかそこに存在しないから。

 

(感想)

 

日光浴の重要性はセコステロイド(ビタミンD)の生成
という科学的に証明されていることもあって、

本もたくさんでていますが月光浴についての本は
あまり見かけない中で見つけた本がこれです。

日光浴た間違いなく強力の解毒作用や活力を得られる
方法ですが、

テストステロンが高まるためかハイになって
イライラするようなこともあったんですね。

そんで、月光浴をすると落ち着くというか
ハイでありながら冷静で優しい気持ちになる感覚が
自分の中にありました。

いろんな本で月の力について書かれている箇所が
ちらほらあったし、自分の感覚からもなにかしらの
パワーがあるのは間違いなと思っていたんですね。

本の中でもルーブル美術館ベイトソン研究官
が月と太陽のバランスがないと、

黄金分裂の魔法の力は作用しないと述べています
が真実なんだと思います。

太陽と月の陰と陽があって最高のコンディション
を保つことが可能なんでしょうね。

量子学からも月からテラヘルツ波が多量にでている
と言われますし、

太陽が成長光線なら月は生命光線と言っている
本もあります。

早速、月齢アプリをスマホにインストールして
月光も意識して取り入れる生活にしています。

月の場合は、日光と同時刻にでている日もある
ので無意識に取り込めていることもありますが、

この本にも書かれているように意識的に月光浴
をすることで心身ともに狙ってベストコンディション
を保つことが可能になると思っています。

パワーストーンの浄化といえば月光浴がよく
いわれますが、パワーストーンの浄化に月光が
一番にあげられるのであれば、

人間だって月光浴することで心身にいい影響が
あると考えるのは至極当然の考えなんだろうと
思います。

特に情報化社会によるITストレスで脳疲労を
おこしている人に、副作用がなくかつ強力な

「意識の疲労回復薬」

として作用する月の力をもっとまじめに考える
必要があると思いました。

またここでは書きませんが、住宅の構造により
無意識に月光の力を得ている人と得られていない
人がいることに気づくことができました。

こわいですね・・・

こんなん勉強していないと絶対気づかないですから・・・

ありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)